業務の柱は三つ!ファイナンシャルプランナーの仕事とは?

顧客のライフプラン実現のための相談業務

ファイナンシャルプランナーという名前は聞くけど、どんなことをしているのか知っている人はまだまだ少ないのではないでしょうか?ファイナンシャルプランナーは業務の柱が三つあります。一つ目の柱は、顧客のライフプラン実現のための相談業務です。ライフプランというのは、このように生きていきたいという夢や希望に基づいて将来いつどんなことをやるという行動計画をお金の面から裏付けたものです。将来を予想してみると、ずっと赤字が続いたり、貯蓄残高がなくなるという課題が見えてくることがありますが、そういった時にお金に関する専門的な知識を駆使して他の専門家とも連携しながら、対策に関するアドバイスを行います。

コラムやテキスト等の執筆業務

ファイナンシャルプランナーの二つ目の業務の柱は、コラムやテキスト等の執筆業務です。最近では新聞や雑誌でファイナンシャルプランナーのコラムを見る機会も増えてきましたが、そういったコラムを書いたり、FP試験対策のテキストや問題集の作成を行ったり、お金のマネジメントに関する書籍を発行したりする業務です。この業務を行うことにより、ファイナンシャルプランナーとして、目の前の顧客だけでなく不特定多数の人に貢献できます。

企業や一般向けにセミナーをする講師業務

ファイナンシャルプランナーの三つ目の業務の柱は、企業や一般向けにセミナーをする講師業務です。講師業務をすることによって受講者の心理を理解する力がアップし、その結果、相談業務もレベルアップできます。また、講師業務によって受講者の信頼を勝ち得ることによって、その受講生から相談依頼が来るというように仕事が広がるケースもあります。相談業務の集客のためにセミナーという手法を使うファイナンシャルプランナーもいます。今後は、お金に関するアドバイスが欲しいなと思った時はファイナンシャルプランナーに相談するといいでしょう。

cfpとはfpを取得したい方におすすめのサイトで、就職に活かせる資格になります。今の季節就職の季節になりますので今後就職した時にfpの資格を持っているかで大きく仕事の内容が変わっていく場合もあります。

種類も機能も多い!クレジットカードの特徴を知ろう

クレジットカードは後払いが特徴

クレジットカードというのは便利な機能がたくさんついていて、その種類も多いです。世の中にはお金が関係するカードがたくさんありますが、キャッシュカードやデビットカードは即時払い、電子マネーは前払いが特徴で、クレジットカードは後払いという大きな特徴があります。翌月一回払いやボーナス一括払い等の一定の支払方法を選択している限りは利息もつかず、借金扱いになりません。信用に基づく後払いという位置づけになるということでしょう。

ゴールドカードやブラックカードがある

一口にクレジットカードと言っても種類は様々です。クレジットカード会社が数社あり、国際的なものもありますが、商業系の企業と提携しているクレジットカードが多数あるため、印象としては数社ではなくもっとある感じがするでしょう。また、クレジットカード会社が発行しているカードは、顧客の信用度や支払い余力、会費等によってグレードが分けられていることが多いです。少しレベルが高いゴールドカードと呼ばれるものや富裕層向けのブラックカード(会社によって呼び方は違う)などの種類があります。

ポイントを貯めるとキャッシュバックなどがある

クレジットカードを使う場合に楽しみなのが、ポイントが貯まることです。このポイントはキャッシュバックできたり、商品等と交換が可能ですので、できるだけ貯めようとなるべくカードで支払いをする人もいるでしょう。金額によってはサインレスでカードでの買い物ができるところも増えてきていますので、積極的使うことで楽しみが増すでしょう。また、できるだけ貯めてあとで使おうと思っている場合には、ポイントに有効期限が設定されている場合がありますので、その点は注意した方がいいでしょう。

クレジットカードの支払いは、公共料金の支払いなどと違って滞納すると個人信用情報に傷がつきます。将来の住宅ローンや自動車ローンの審査にも影響してくるので注意が必要です。

適性と専門性を考慮して!家庭教師のバイトを探そう!

人気が高まる家庭教師のバイト

家庭教師のバイトを希望する人が増えています。なぜなら、家庭教師のバイトは短時間の勤務でも、高額の時給が期待できるからです。まずは、求人サイトを閲覧して、自分が住んでいるエリアに家庭教師のバイトがあるかどうかを確認しましょう。生徒の自宅を訪れますので、通いやすいエリアを重点的に選ぶことが大切です。求人先を見つけたならば、応募要項を細かくチェックして、生徒の学年や、携わる教科についてしっかり確かめましょう。

適性があるように思われるなら

家庭教師のバイトに向いているのは、人と接することが好きな上に、得意分野を教えることに喜びを感じられるタイプです。そのような特徴があるならば、家庭教師として適性がありますので、積極的に応募してみることをおすすめします。また、求人先に申し込む場合には、自分自身を積極的にアピールすることが大切です。ボランティア経験や、部活動の履歴などを書き込むことはとても有効です。また、教育学部の在校生や卒業生は歓迎される傾向があります。

専門性についてアピールしよう

家庭教師のバイトをする場合、得意な教科があるならば、とても有利となります。専門性についてアピールしたいならば、どのような試験に合格してきたのか、履歴書に詳しく書き記すことが大事です。英検や漢検ならば、2級以上を取得していると注目してもらえますし、数検は受講者が少ない傾向ですから希少価値が高いとされています。ほかに、文字の美しさ、理科や社会などの教科に対する造詣の深さなど、前向きな姿勢でアピールしましょう。

一般的に家庭教師のバイトは時給が良いですが、移動時間や短時間の仕事であることを考えると、それ程条件の良い仕事ではありません。