株式での資産運用のポイントは決算書分析!

株式での資産運用は銘柄選択が重要

資産運用をする選択肢はいろいろありますが、最近は日本株の上昇が注目されていますので株式投資での資産運用に興味がある人も多いでしょう。株式投資の最大のポイントは、これから価格が上昇する株式を購入することです。既に注目されていて高い価格水準まで買われている株を買っても上昇余地は限られるでしょう。人がまだ注目する前の株式を自分で発見し、いち早く投資をすることが株式での資産運用の重要なポイントですので、いかにそういった銘柄を発見するかを知ることが大切です。

銘柄選択は収益性と財務内容に注目

これから価格が上がる株式を探す場合には注目すべき項目があります。それが収益性と財務内容です。収益性は利益と考えればいいですが、単に利益が大きいということではなく、少ない資本や売上げでいかに効率よく稼いでいるかを判断することが大事です。また財務内容としては、利息を支払う必要がある借金(有利子負債)がどの程度か、短期的に返済すべき債務に対して十分流動的な資金が確保されているかといった点に注目するといいでしょう。

収益性と財務内容は決算書のここを見る

各株式の銘柄から収益性と財務内容を判断するには決算書を分析することが重要です。決算書は企業の収益性と財務内容をまとめたもので、収益性については損益計算書、財務内容については貸借対照表で確認をすることができます。東京証券取引所に上場されている企業は、3ヵ月に一度決算書を公表することになっていますので、いくつか注目する銘柄をピックアップして、継続的に決算書を見て分析をすることで、自分が投資すべき株式を見つけることができるでしょう。

ファンドラップを利用することで専門家の意見を取り入れて投資を進めることが出来るので便利だといえます。