業務の柱は三つ!ファイナンシャルプランナーの仕事とは?

顧客のライフプラン実現のための相談業務

ファイナンシャルプランナーという名前は聞くけど、どんなことをしているのか知っている人はまだまだ少ないのではないでしょうか?ファイナンシャルプランナーは業務の柱が三つあります。一つ目の柱は、顧客のライフプラン実現のための相談業務です。ライフプランというのは、このように生きていきたいという夢や希望に基づいて将来いつどんなことをやるという行動計画をお金の面から裏付けたものです。将来を予想してみると、ずっと赤字が続いたり、貯蓄残高がなくなるという課題が見えてくることがありますが、そういった時にお金に関する専門的な知識を駆使して他の専門家とも連携しながら、対策に関するアドバイスを行います。

コラムやテキスト等の執筆業務

ファイナンシャルプランナーの二つ目の業務の柱は、コラムやテキスト等の執筆業務です。最近では新聞や雑誌でファイナンシャルプランナーのコラムを見る機会も増えてきましたが、そういったコラムを書いたり、FP試験対策のテキストや問題集の作成を行ったり、お金のマネジメントに関する書籍を発行したりする業務です。この業務を行うことにより、ファイナンシャルプランナーとして、目の前の顧客だけでなく不特定多数の人に貢献できます。

企業や一般向けにセミナーをする講師業務

ファイナンシャルプランナーの三つ目の業務の柱は、企業や一般向けにセミナーをする講師業務です。講師業務をすることによって受講者の心理を理解する力がアップし、その結果、相談業務もレベルアップできます。また、講師業務によって受講者の信頼を勝ち得ることによって、その受講生から相談依頼が来るというように仕事が広がるケースもあります。相談業務の集客のためにセミナーという手法を使うファイナンシャルプランナーもいます。今後は、お金に関するアドバイスが欲しいなと思った時はファイナンシャルプランナーに相談するといいでしょう。

cfpとはfpを取得したい方におすすめのサイトで、就職に活かせる資格になります。今の季節就職の季節になりますので今後就職した時にfpの資格を持っているかで大きく仕事の内容が変わっていく場合もあります。