エクセルの活用法と使いこなす事の意義とは

エクセルは便利で優れたソフト

今や職場でエクセルを活用していない企業は、殆どないと言っても過言ではありません。それ程、エクセルは、便利で、すぐれたソフトです。特に簡単に計算をしてくれる事で、一般的な所では、見積書や請求書などに活用される事が多いものです。しかし、エクセルの基本的な機能や関数を使えるだけでも、能率的な作業が出来ていると思われがちですが、企業の仕事の内容によっては、もっとエクセルの機能を使いこなす事で、更なる能率的な作業が可能なケースも多いものです。

エクセル機能の使いこなしで更なる効率化

同じ見積書や請求書の作成でも、商品番号があり、その商品の単価も固定されていれば、商品番号を入力するだけで、商品名と単価が自動的に表示されたり、名簿作成においても、郵便番号を入力すれば、番地以外の住所が自動に表示されるなど、関数を使いこなす事で、更なる効率的な作業がのぞめます。また、データ機能を使えば、必要なデータを簡単にピックアップできたり、並べ替えで見やすくしたり、一連の操作を登録するマクロ機能を使えれば、ボタン一つで操作が出来たりします。

エクセルを使いこなすにはそれなりの能力が必要

職場に置いて、エクセルに高い知識を持つ人が一人でもいれば、能率高い作業がのぞめますが、その人がいない時に、何か問題が起きれば、たちまち作業に支障をもたらす可能性もあり、能率どころではなくなります。つまり、エクセルは、優れものであると同時に、それなりの使いこなす能力が必要です。そこで、出来れば、エクセルの中級、上級のレベルの内容が学べる教室でしっかりとテクニックを修得する事をお勧めします。エクセルを使いこなせれば、能率的に仕事がこなせ、就職にも優位です。

MOS講座は、資格取得に有効な講座でマンツーマンで指導してくれる場合やインターネット上での講座など方法も様々です。