レベルに合った授業を受ける!パソコン教室のススメ

利用しやすい環境や個人に合わせた授業内容

パソコン教室は、駅から徒歩圏内や住宅街の中といった利用しやすい場所にある事や夕方以降でも授業を受ける事が出来たり自分の都合に合わせて授業の予約する事が出来るといった特徴があります。パソコンに触った事がないといった初心者コースから基本操作ではなく、応用や実際に使用する事の出来るスキルを習得するコースといった利用者のレベルや目的に合わせた授業を受ける事が出来ます。また、疑問点をすぐに解決をする事が出来るといったモチベーションを保ちやすい環境が魅力なんですよ。

仕事で使用する専用ソフトを学べる

デザインの仕事で多く使用されているIllustratorやPhotoshopといった画像編集や画像制作ソフトは、独学で操作方法を身に付けようとしても専門用語が多かったり、したい事が出来なかったりと挫折する事が多くなっています。パソコン教室では、専用のソフトを学ぶ事が出来る授業がある事や基本操作だけではなく、応用や意外と知られていないポイントを集中的に学ぶ事が出来ます。講師の方のほとんどが高い知識と技術を持っているといった点も特徴として挙げられます。

就職に有利な資格を学べる

就職活動の際に、アピールする事の出来る資格が欲しいといった方は多いですよね。IT化が進んだ事やほとんどの会社でパソコンを使用する業務がある事から様々なパソコンの資格があります。多くの企業が認めている資格として挙げられていたり事務職で必要なる事がある、マイクロソフト社認定のWordやExcelの資格「MOS」の取得に特化したコースを用意しているパソコン教室もある事で短い時間で資格を取得する事が可能となっています。

パソコン資格で人気があるのは、マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)です。特に、ワードとエクセルのMOSに人気があります。

初心者でも学べるパソコン教室!教えていることとは?

パソコン教室は高齢者も対象にしています!

ネット社会が進んでいるために、今となってはパソコンは切っても切れない関係になりましたよね。また、最近では高齢者でもパソコンを扱う人が増えてきており、非常に注目されています。そういった人たちは、パソコン教室で学ぶ事によって使用しています。パソコン教室では、どの年齢層からでも学ぶことが出来るのが特徴です。ネットの使い方や、ワードの使い方などを教えることによって、教室を卒業してから役に立つことを、学ぶことができます。

パソコン教室で教えていること!

パソコン教室では、様々なことを学ぶことが出来るのですが、その中でも非常に注目されているのが、ワードやエクセルです。これは、社会に出て必須な知識であるために、学んでおく必要があります。しかし、独学で学ぼうと思うと非常に難しく中々進めることができません。しかし、パソコ教室では実践を交えながら行っていくために、知識を身に付けることができるのです。夜に開講していることもあり、社会人でも安心して学ぶことができますね。

パソコン教室が行っている支援

パソコン教室では、教室を卒業してからパソコンを扱うことができるように様々な支援を行っていることがあります。まず、家でもパソコンをできるようにノートパソコンを貸し付けることがあります。家での学習と教室での学習を併用して行うと上達するスピードも速いですよ。他には、パソコン教室で使う教材は全て無料で提供するなどしています。自由にパソコンの技術を身に付けることができますから、知識を身につけたい人はいって損はありません。

パソコンスクールならば、基礎的な知識から、高度な技能まで教えてもらえます。インターネット生活を送るためのきっかけとなります。

ファイナンシャルプランナー1級を目指す!タックスプランニング攻略方法

FP1級の攻略は所得税の理解がポイント

ファイナンシャルプランナー技能士1級(以下FP1級)という資格を得るには、厚生労働省が管轄している技能検定という国家試験に合格する必要があります。税理士や弁護士とは違い、この資格をとっても独占業務があるわけではないですが、FPの最高峰資格の一つですので挑戦する人もいるでしょう。この試験は6科目の試験範囲がありますが、そのうちの一つであるタックスプランニングの科目は、所得税に関する深い知識が求められれます。そのため、所得税をしっかり理解することがタックスプランニングの勉強方法の柱になるでしょう。

FP1級の法人税はポイントの重点学習と応用対策

タックスプランニングのもう一つの柱が法人税です。技能検定試験の学科試験は基礎編と応用編に分かれていますが、応用編はこの法人税の申告書作成の問題がよく出題されています。そのため、試験合格のための法人税の勉強は、応用問題を練習するのが効果的でしょう。また、基礎編の法人税の出題は、貸倒引当金や交際費の損金算入、繰越欠損金の繰越控除等、繰り返し出題される論点がありますので、それを中心に勉強するといいでしょう。

FP1級のその他の論点の勉強方法は?

FP1級試験のタックスプランニングの中心は所得税と法人税ですが、その他の出題項目として消費税があります。消費税はそれなりに高いレベルの問題が出題されていますので、まずは基本的な消費税の仕組みを理解したあとで、納税義務の特例や資産の譲渡等の取引区分の判定事例、そして簡易課税に関しての論点を、過去の出題傾向を見ながら勉強しておくといいでしょう。所得税や法人税以外の分野で得点することができるとタックスプランニングの科目を得点源にすることができるはずです。

ファイナンシャルプランナーの講座に関心があるならば、通信講座がおすすめです。マイペースを守りながら自宅で勉強できるからです。